IPO初値予想「リバーホールディングス」考察と直前予想 | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

IPO初値予想「リバーホールディングス」考察と直前予想

スポンサーリンク

IPO初値予想「リバーホールディングス」

上場日:2020/3/24

市場:東証二部

業種:鉄鋼

公開株数:5,546,200株

公開価格:960円

主幹事:野村証券

事業内容:資源リサイクル事業

リバーホールディングスの考察①

業種は「鉄鋼」(資源リサイクル事業)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「5,546,200株」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「90日」のロックアップ、VCありSOなしになりますので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は「頭打ち」だと思いますので、業績に不安があると思います。

リバーホールディングスの考察②

業態は、資源リサイクル事業ですので、業態の人気は「低い」と思います。

また、リサイクル事業といえば新規性は薄く、同業他者も多いと思いますので、人気は一段落ちると思います。

また、吸収金額を見ると、その点での需要は良いとはいえず、業績も良いとはいえないと思います。

考察としては、業態の人気は弱含みで、さらにコレといったメリットもありませんので、厳しい初値になると予想します。

また、新型コロナの影響で地合いが悪いと思いますので、その点でも厳しいと思います。

初値予想

評価:D(2)
初値予想:960円以下

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました