楽天証券の賃株料大幅引き下げで日興で優待クロスする価値は薄れた。

楽天証券の賃株料引き下げ

楽天証券では、2019年6月3日約定分より、一般信用取引「無期限」の買方金利と貸株料を業界最低水準に引き下げます。

その賃借料は、上記を見ての通りで「1.1%」になります。

参考URL:一般信用取引「無期限」買方金利・貸株料業界最低水準に引下げ!

賃株料が業界最安値

今まで賃株料の業界最安値といえば、SMBC日興証券の「1.4%」が最安値でした。

ですので、楽天証券はかなり頑張った引き下げをしたと思います。

そこで、今までは売買手数料が無料で、賃株料が安いSMBC日興証券が優位でした。

しかし今後については、早期から優待クロスするには・・・

どの程度前からクロスするかにもよりますが、場合によっては、楽天証券の方が有利になると思います。

選択技が増えた。

それでも、短期で優待クロスするなら、売買手数料などを考えると、SMBC日興証券が優位には変わりないと思います。

しかし、最近のSMBC日興証券を見ていると、人気がある優待については、すぐになくなってしまいます。

そこで、2ヶ月前とか場合によっては3ヶ月前から、優待クロスする必要があります。

そういったことを考えると、賃株料が安くなった楽天証券の選択技が増えたことは、良いことだと思います。

最後に

どの証券会社も、今から口座開設数を大きく伸ばすのは、難しいと思います。

そこで、証券会社が今後生き残るには付加価値を付けて、手数料を多く落としてもらう必要があると思います。

その一つに、優待クロス(信用取引)の手数料というのがあると思います。

そこで、優待クロスの売買手数料や賃株料などは、客を引っ張るために、今後安くなる傾向にあると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

優待
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ
タイトルとURLをコピーしました