貧乏人にIPOを配っても意味ないじゃん!

スポンサーリンク

証券会社が金持ち顧客を増やす方法

証券会社としては、金をたくさん持っている「金持ち顧客」を増やしたい。

そして、金持ち顧客を増やせれば、その金持ち顧客が多額の手数料を落として、自社の利益が大きく増えるかもしれない。

では金持ち顧客を増やすには、どうしたらいいのか?

答えは簡単で、IPOを配って金持ち顧客を増やす。

利益が出ることが確定のIPOを配れば、誰だってホイホイとついていきますよね。

だから、貧乏人がおいしい話しを探しても意味がない。理由は、そもそもおいしい話しなど、貧乏人には来ないから。

その証拠に、貧乏人がIPOを得ようと思ったら、驚異的な高い抽選倍率を強運で勝ち抜いて、当選するしかないから。

一方金持ちは、黙っててもというと語弊がありますが、貧乏人とは逆に証券会社から、IPOを買ってくれとお願いされます。

ひろゆきの動画

上記の動画を見てもわかる通り、証券会社から貧乏人にIPOが配られることはない。

それでも名目上、ネットから貧乏人にもIPOを配っていますが、金融庁の手抜きというか黙認で、IPOを配るのにルールなど一切なく…

どの証券会社も勝手に独自のルールを作り、多くのIPOが金持ち顧客に流れています。

最後に

とはいえ、IPOはリスクが少なく、リターンが大きい投資になりますので、人気があるのも事実です。

それをIPOとETFで比較するなら、目先の利益(IPO)か10年とか20年後の利益(ETF)か、その違いになると思います。

誰だって目先の利益は欲しいですから、IPOが人気なのもわかります。

しかし、IPOは申し込むのに手間が掛かる、そもそも当選しない、資金が拘束されるなど、デメリットが多数あります。

それでも当選確率が高かった、数年前までならやる価値はあったと思います。

しかし、最近のIPOを見ていると参加者が殺到していて、IPOをやるメリットはかなり薄れていると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました