IPO初値予想「ピアラ」上場初日は初値付かずか!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「ピアラ」

上場日:2018/12/11

市場:東証マザーズ

業種:サービス業

公開株数:484,000

公開価格:2,550円

主幹事:SBI証券

事業内容:EC(電子商取引)マーケティングテック事業および広告マーケティング事業

ピアラの考察①

ピアラの業種は「サービス業」(ECマーケティング事業など)になりますので、業種の人気としては「高い」と思います。

公開枚数は「484,000株」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要株主は掛かりが甘い「90日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場直後に行使できるVC及びSOは、そこそこ枚数がありますので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

会社の売上や利益については、売上は年々伸びていますが、利益は上げ下げしていますので、業績について不安があるとと思います。

ピアラの考察②

ピアラの業態については、ECマーケティング事業などの「IT系」になりますので、業態の人気としては「高い」と思います。

また「AI」や「ビッグデータ」などのキーワードを含んでいますので、さらに業態の人気は高くなると思います。

そして、上場スケジュールは良く、公開株数も少ないので、上場に関して良い点が多いと思います。

考察としては、VCやSOの存在、利益が伸びていない業績、現在の相場の状況など、デメリットがあると思います。

しかし、それを上回る業態の人気などで、高い初値になると予想します。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:6,375円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!