本日上場のPHCは初値もセカンダリーも酷いことに!

スポンサーリンク

PHCの初値について

本日上場したPHCですが、予想通り「公募割れ」となりました。

公開価格「3250円」に対して、初値は「3120円」で「-130円」でした。

逆に言えば、130円のマイナス程度で済んだのは、悪くない結果だったと思います。

もちろん公募割れしていますので、良い結果だったとは言えませんが。

それにしても、主幹事団に大手証券会社が名を連ねていたのに、初値がこれでは…

これからのIPOは厳しいって感じですね。

オプションについて

これがIPOが好調だった、直近だと2年前とか3年前とかだったら、ギリ割れないぐらいのレベルだったと思います。

こうなると今後のIPOについては、吸収金額が小さい小粒案件は大丈夫だと思いますが…

大型IPOの場合は余程のメリットがない限り、手出し無用になると思います。

こう言っては何ですが、そもそも公開価格3250円の株を、オプションで1円とかで配っている時点で問題あると思いますが。

これがIPOが好調のときなら、それほど気にはならなかったと思いますが…

IPOが低迷している現状から考えると、流れに逆行していると思います。

IPOの目的

もっと言えば、お得意さんだけにIPOを配るのは止めて欲しい。

もちろん証券会社も商売しているわけですからら、利益を考えて行動するのは当たり前だと思います。

それでもIPOの本来の目的から外れた行為は、いい加減にして欲しいと思ってしまう。

本来の目的とはIPOをすることによって、広く多くの人に自社のことを知ってもらうと言う目的のこと。

それなのに一部の人だけ優遇されていては、本来の目的は達成できないと思います。

金融庁にはこういったことにメスを入れて欲しい。

日本郵政のPO

話しは変わりますが、日本郵政のPOはどうなるんだろう?

ちなみに私は参加しませんが興味はあります。

パッと見ですが、上がると言っている人もいれば、下がると言っている人もいます。

それでも直近1週間のチャートを見ると、下げ傾向になっています。

あくまでも直近のことなので、今後どうなるかわかりませんが、PHCのようにならなければ良いのですが。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました