IPO初値予想「オーウエル」東証二部上場の低位株

スポンサーリンク

IPO初値予想「オーウエル」

上場日:2018/12/13

市場:東証二部

業種:卸売業

公開株数:1,872,200

公開価格:750円

主幹事:大和証券

事業内容:塗料、表面処理剤、塗装関連機器・設備、意匠・保護フィルムなどの販売および電気・電子部品などの販売ならびにそれらに付帯する各種工事の請負および設計・監理

オーウエルの考察①

オーウエルの業種は「卸売業」(塗料や表面処理剤などの販売など)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

公開枚数は「1,872,200株」と多いですが、公開価格が安い「低位株」になりますので、その点での需要は普通かと思います。

また、主要大株主には「1.5倍or90日」のロックアップ、VCなしSOなしになりますので、その点での需要は良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益共に上げ下げしていますので、業績について不安があると思います。

オーウエルの考察②

オーウエルの業態については、塗料や表面処理剤などの販売などということで、業態の人気としては「低い」と思います。

ただし、業態的に地味な感じを受けますが、その代わりとして安定感があり、業績は底堅い感じに思います。

また、公開価格が安い「低位株」になりますので、買いが集まりやすいと思います。

考察としては、業態的に新規性はないですが、東証二部上場の低位株で安定感があり、そこそこ買いが集まると予想します。

初値予想

評価:B(5)
初値予想:1,125円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!