IPO新規承認「大阪油化工業」安定経営に期待したい!

スポンサーリンク

IPO新規承認「大阪油化工業」

このほど「大阪油化工業」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「各種素材の精密蒸留精製」となっています。

大阪油化工業は、IPOでは不評となっている「漢字社名」ですが、業種的に経営は安定していると感じました。

大阪油化工業の上場スケジュールなど

主幹事  野村証券
市場   JQS
想定価格 1,830円
当選枚数 6,095枚
BB期間 9/19~9/25
当選発表 9/26
申込期間 9/27~10/2
上場日  10/5

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

大阪油化工業の総評①

大阪油化工業の業種については「化学系」となりますので、業種の人気としては「弱い」と思います。

当選枚数は「6,095枚」で、枚数的にそれほど多くないと思いますので、その点での需要面は普通だと思います。

また、主要大株主には、掛かりが甘い「90日」のロックアップ、VCなしSOありでSOの枚数は多くありませんので、その点での需要面は良いと思います。

会社の売上や利益については「横ばい」ですので、経営的に安定していると思いますが、頭打ち感が見られます。

大阪油化工業の総評②

大阪油化工業の総評としては、IPOの業種としての人気は薄いと感じました。

ただし、野村証券主幹事で当選枚数はそれほど多くなく、売上や利益に伸びはありませんが、業種が業種だけに経営が安定している点はメリットと感じました。

総合すると、人気薄の業種は大きなデメリットになると思いますが、その他のメリットでそのデメリットをどれだけカバーできるかが、初値形成のカギになると思っています。

ということで、今回は業種的に上値は限定されると思いますが、野村証券主幹事を信じて全力でBBに参加したいと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました