IPOは大手証券会社以外でも当選することはできるのか?

IPOをするなら大手証券会社は外せない

IPOをするとなると、投資先のメインは大手証券会社で、野村、日興、大和、みずほ、三菱、SBI、その辺になると思います。

なぜ大手証券会社が、IPOではメインになるのか・・・

それは、IPOでは大手証券会社が「主幹事」になることが多く、主幹事から多くのIPOを配分するからです。

主幹事とは、元受証券会社のことで、上場するIPOの実権を握りますので、結果として多く配分することになるからです。

そのことで、主幹事からBBに参加すれば、それだけ当選確率が高くなります。

大手証券会社以外も口座開設すべき

しかし、IPOでは大手証券会社以外の中堅証券会社が、主幹事になることもあります。

中堅証券会社とは、岡三、いちよし、マネックス証券、東海東京などで、IPOをするなら口座を開設しておいた方が良いと思います。

そして大手以外の中堅証券会社も、IPOには欠かせない存在だと思います。

それは、中堅証券会社が主幹事にならなくても、幹事(平幹事)入りすることで、当選することも稀にあるからです。

ただし、資金が少なく中堅証券会社まで、資金が回らないという人は・・・

中堅証券会社は度外視して、大手証券会社だけに絞っても良いと思います。

大型IPOなら大手証券会社以外でも当選できる!

また「大型IPO」といわれる、当選が多くあるIPOについては・・・

中堅証券会社から配分される当選も多くなりますので、当選確率も上がります。

例えば、約3年前に上場した「日本郵政」のときには、大手証券会社以外の中堅証券会社からでも、多くの当選が出ました。

そして、記憶に新しい「JR九州」も同様で、中堅証券会社から多く当選が出ました。

その証拠に私自身も、フレンド(現日興)、いちよし 岡三、いつも落選している証券会社から、当選することができました。

そこで、資金に余裕がある人は大手証券会社だけでなく、中堅証券会社の口座も開設して損はないと思います。

口座開設はお早めに!

また、約2年前に上場した「シャノン」の主幹事は「東洋証券」でした。

そのことで、東洋証券の口座の開設が殺到して、口座の開設が間に合わなかった人が続出しました。

また、以前にも同じことがありました。

それは「GMOメディア」が上場するにあたり、主幹事ではありませんでしたが「GMOクリック証券」が幹事入りしたことで・・・

焦って口座を開設するも、口座開設が間に合わない人が続出しました。

そこで、東洋証券などマイナーといわれる証券会社も、IPOの当選確率を上げるために、事前に口座開設することをオススメします。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました