IPOの初値は相変わらず弱いですね。

スポンサーリンク

ノバックの初値などについて

本日上場した「ノバック」の初値について。

本日初値が付いて、公開価格「3000円」に対して、初値は「2630円」(-370円)でした。

その初値を見て思ったのは、大方の予想通りと言うか、こんな感じの初値になるんだろうなと思っていました。

ちなみに、本日の終値は「2511円」となり、公募割れしたにも関わらず、初値より株価が下がってしまいました。

さらに、前日上場した「ギックス」についても、ギリギリで公募割れは回避しましたが…

しかし、初値売りで手数料を引くと、ランチ代ぐらいにしかならい利益でした。

相変わらずIPOは弱い!

今のIPOの地合いを考えると、ノバックの初値は妥当なのかなと思いました。

公開価格が3000円と言う、今のIPOでは「値がさ」になる株を、好んで買う人は少ないないと思います。

さらに「東証二部上場」で、業態は「土木関係」と言うことで、IPOとしては人気がなかったのだと思います。

ですので、今回の公募割れは、なるべくしてなった結果だったと思います。

また、日経平均は、以前に比べると回復傾向にあるにも関わらず、IPOは相変わらず冴えない状況が続いています。

いつになったらIPOが回復するのか?もう二度と回復することはないのか?

最後に

今のIPOで一番注目を集めているのは、SBI証券主幹事の「モイ」になると思います。

さらに、これもSBI証券主幹事ですが「クリアル」も注目度が高いと思います。

こうなると、大手証券会社にはこの際引っ込んでもらって、IPOは全てSBI証券に主幹事を任せれば良いと思ってしまいます。

とは言え、そんなことはできないんだろうけど。

とにかく、1日でも早くIPOが復活してくれないかな。

そして、以前の活気があったIPOの状態に、早く戻って欲しいと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました