やっと新規承認が来たと思ったら野村主幹事とか泣けてくる!

スポンサーリンク

IPOに当選にない証券会社

つい先日、IPOで新規承認の発表があった「UUUM」ですが・・・

その主幹事は「野村證券」となっていて、それを見た瞬間「ダメだこりゃ!」と思ってしまったのは、私だけではないと思います。

それは、IPOをやられている方ならご存知だと思いますが、野村証券はIPOに当選しにくい証券会社として、特に有名だからです。

野村証券は私と相性が悪い?

私の場合でいえば、私は今まで「10年以上」IPOをしてきましたが、大手といわれる証券会社で当選がないのは野村證券だけです。

それだけ、野村證券は当選しにくい証券会社だということです。

その当選しにくい理由は、野村証券の口座数が多いからなのか?単に私と相性が悪いだけなのか?その辺の理由はよくわかりません。

もしくは、何かしらの原因でブラックリストに入っているとか、とにかく私が10年以上も当選しない理由は、私には知る由もありません。

口座数が増えたから当選しにくくなった?

そして、野村證券が当選しにくいといっているのは、私だけのことなのかといえば、そうではなくて・・・

周りでも野村證券は当選しにくいという人もいますし、現に野村証券が主幹事のときにブログ村などを見ると、当選したとの報告が極端に少なくなります。

そして、ここ最近では、これは野村証券だけのことではなく、日興証券やマネックス証券も同様で、当選しにくいといわれています。

それは、上記にも書いたように、IPO人気で口座数が増えたことが、当選しにくくなった一番の理由だと私は思っています。

今後のIPOはどうなるのか?

そこで、今後のIPOはどうなるのかとうことですが・・・

それは、今後も口座数が増えることで、野村証券だけのことではなくどの証券会社でも、今以上に当選しにくくなると考えるのが、順当というか妥当だと思います。

それについては、IPOが当選しにくくなるのはとても残念なことですが、これも時代の流れで仕方がない面もあると思います。

そこで、今後はIPOに変わる投資先というか投資法を自ら考え、そちらに資金をシフトする時期が来るのかなと、ぼんやりと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました