プラチナチケットの日本調理機もダメですか。

スポンサーリンク

日本調理機について

本日上場した「日本調理機」について

公開価格「2,710円」に対して、初値は「2,750円」でした。

ギリギリで公募割れしませんでした。

仮に初値売りして手数料を引いても、一応はプラスになったと思います。

ただしプラスと言っても少ないですが。

さらに、本日の終値は「2,688円」でしたので、仮に初値で売らず持っていたら、現時点ではマイナスになっています。

プラチナチケットなのに…

日本調理機の業態については「調理場機器の開発・製造・販売など」と言うことで…

IPOで考えると、業態的に「弱含み」だと思います。

さらに「東証二部上場」と言うのも、追い打ちをかけて「弱含み」になると思います。

しかし、公開株数が少ない「プラチナチケット」でしたので…

それだけを見ても通常のIPOなら、公募割れしない公算が大きかったと思います。

そして、確かに公募割れしませんでしたが、初値は公開価格とほぼ同値ということで…

現状のIPOは、相当良くないと言うか、かなり悪い状況だと思います。

悪くても大きくは割れない

2010年とか2009年は、IPOの調子が悪かった年で、公募割れが多い年でした。

そこから考えると、今はそれほど悪くないって感じかな。

(10年以上前のIPOと比較しても、今とは状況が違っていますので、何とも言えないところですが。)

今のIPOは、公募割れすることもありますが、大きく割れることはない。

主幹事の誠意買いなどがありますので、大きく割れることはないって感じだと思います。

ただし、大きく崩れることがない代わりに、上値も重い状況だと思います。

日本調理機で言えば「プラチナチケット」と言うことで、それだけでも数万円の利益は取れると思っていました。

しかし、フタを開けてみると足ったの「+40円」と言うことで、当選した方はガッカリしたと思います。

暗黒期のIPO

さらに、今回はSBIが主幹事でしたので、ポイントで当選された方もいたと思います。

ちなみに、今回のポイント当選のボーダーラインは、300ポイント以上(詳細は不明)だったようで…

ポイント当選した方は、一般(資金)で当選したより、ガッカリ感が大きかったと思います。

これが数年前なら最低でも、初値は1.5倍以上にはなってたんじゃないかな。

それぐらい今のIPOは暗黒期に入っていると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました