IPO仮条件「NexTone」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

NexToneの仮条件について

本日発表された「NexTone」(ネクストーン)の仮条件について

その内容は、想定価格「1,880円」に対して、仮条件は「1,500円~1,700円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、少々弱気な仮条件だと感じました。

その理由は、業態は「著作権等管理事業など」で、業態の人気が高いと思うからです。

さらに、IPOらしい新規性がある業態だと思いますので、人気は高いと思います。

NexToneについて

業態は「著作権等管理事業など」ですので、業態の人気は「高い」と思います。

また、業態の詳細を見るとIPOらしい、新規性がある業態だと思いますので、人気は一段高くなると思います。

また、吸収金額は普通程度ですので、その点での需要も「普通」かと思います。

そして、会社の業績を見ると、売上及び利益は年々延びていますので、その点はプラス材料になると思います。

BBで気になること

BBで気になることは、特にコレといってないと思います。

強いて挙げれば、吸収金額が少々大きいと思いますので、その点が不安といえば不安だと思います。

それでも、業態の人気は高いと思いますので、その点をカバーできると思います。

また、業績を見ても良いと思いますので、その点もプラスだと思います。

ただし、新型コロナの影響で相場の状況が不安定ですので、その点を加味する必要があると思います。

BBスタンスと初値予想

今回のBBスタンスは、全力で参加する予定でいます。

その理由は、業態的な人気は高く、その他のことを加味しても、公募割れするようなIPOではないと思うからです。

ただし、上記にも書きましたが、新型コロナの影響がどうなるか不明ですので、そこが不安材料だと思います。

また、現時点での初値予想としては公募割れはなく、公開価格の「1.5倍前後」は固いと予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました