IPO新規承認「NexTone」主幹事はSMBC日興証券

スポンサーリンク

IPO新規承認「NexTone」

このほど「NexTone」(ネクストーン)が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「著作権等管理事業、デジタルコンテンツディストリビューション事業、キャスティング・コンサルティング事業など」になります。

私たち「NexTone」は、楽曲の著作権をお持ちの方から委託を受け、楽曲を利用したいとお考えの方に許諾して使用料を頂き、権利者に還元することを事業としています。

規制のルールや枠組みにとらわれることなく、権利者・利用者双方のニーズに応え続けることにより、音楽文化・音楽産業のより一層の発展に貢献しています。

NexToneの上場スケジュールなど

主幹事  SMBC日興証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  サービス業
想定価格 1,880円
当選枚数 10,645枚
仮条件日 3/11
BB期間 3/12~3/18
公開価格 3/19
申込期間 3/23~3/26
上場日  3/30

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

NexToneの総評①

業種は「サービス業」(著作権等管理事業など)になりますので、業種の人気は「高い」と思います。

当選枚数は「10,645枚」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOは少ないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は年々延びていますので、業績の不安は少ないと思います。

NexToneの総評②

業態は、著作権等管理事業などですので、業態の人気は「高い」と思います。

業態の詳細は、音楽の著作権管理、音源供給サービスやミュージシャンのキャスティングなどもおこなっており、そういった内容を見ると…

IPOらしい業態だと思いますので、業態の人気は一段上がると思います。

それ以外では、吸収金額を見ると需要は良いとはいえず、業績は悪くないと思います。

総評としては、業態は良いと思いますが、需要的に少々厳しいところがあると思います。

それでも総合的に見ると、公募割れするIPOではないと思いますので、相応の初値になると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました