ネットプロテクションズが公募割れする可能性は低い思っていた。

スポンサーリンク

直近1年の東証一部上場のデータ

ネットプロ(ネットプロテクションズホールディングス)について。

東証一部上場なら、公募割れしないのかと思い、直近1年のデータを調べてみました。

・2021/10/14 PHC     3,250円 3,120円(割れ)
・2021/09/22 シンプレクス  1,620円 1,660円
・2021/04/27 テス      1,700円 2,010円
・2021/04/13 紀文食品    1,160円 1,271円
・2021/03/16 ウイングアーク 1,590円 2,000円
・2020/12/21 ポピンズ    2,850円 2,679円(割れ)
・2020/12/16 ローランド   3,100円 2,954円(割れ)

上記を見ると、7社中3社が公募割れしています。

公募割れはないと思っていた。

上記は直近1年だけですので、データとしては不足かもしれませんが、安定感がある東証一部上場の割には、公募割れが多いと感じました。

さらに、シンプレクスは公募割れしていませんが、売買手数料を引くとトントンと言った感じになると思います。

また、最大利益はウイングアークの「+4.1万円」と少なく、東証一部上場だと上値が重いとも感じました。(吸収金額が大きいので当たり前ですが)

とは言え、注目したいのは「IT系」の場合は、公募割れしてないと言うことです。

そして、ネットプロと言えば言わずと知れたIT系になり、しかも業界最大手で、将来性が高い人気のIT系です。

そこで、直近1年の東証一部上場のデータだけで判断するなら、ネットプロが公募割れする可能性は、かなり低いと思っていました。

ただし上記にも書いたように、上値は相応に重いのかなとも思っていました。

BB不参加で失敗と思っていた。

そこで思ったのは、ネットプロのBBに参加しないで失敗した!と思いました。(私はBB不参加でした。)

BB開始当時は、上記のようなデータをわざわざ取らなくても、公募割れの可能性があると考えていました。

理由は、IPOの地合いの悪化、それに加えて、吸収金額が大きい出口案件で…

オマケに、オミクロン、恒大危機、ダウ&ナスダックの停滞(下落)など、いろいろな不安材料があったからです。

それがあってのBB不参加でしたので、こればかりは仕方ないと思っていました。

そう考えるとIPO(BB参加不参加)って、判断が難しいと思います。

IPOは、いろいろな要件が重なるので、それを考慮して銘柄選定する必要があります。

例えば、吸収金額が大きい小さい、業態の人気があるない、そのときの地合いを考慮したり、考えることはたくさんあります。

今のIPOは効率が悪い。

それでもIPOが好調なときならば、何も考えずにBBに参加すれば良かったと思います。

しかし、今みたいに地合いが悪いとなると、そう簡単に事は運びません。

こう言っては何ですが、コロナが発生したころから地合いの浮き沈みが激しく、BBに参加する手間だけでなく…

いろいろなこと考えて、BBに参加しなければならくなったので、手間が掛かるばかりで、効率が悪くなったと思います。

それでも相応に利益が取れるのなら、その苦労も報われると思いますが、今はそうではないですからね。

それに輪を掛けてIPO人口が増えたことで、当選しにくくなったのも痛いと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました