IPO初値予想「NATTY SWANKY」ギョーザ居酒屋の運営など

IPO初値予想「NATTY SWANKY」

上場日:2019/3/28

市場:東証マザーズ

業種:小売業

公開株数:588,800

公開価格:3,270円

主幹事:SMBC日興証券

事業内容:ギョーザ居酒屋「ダンダダン酒場」の直営およびFC運営事業

NATTY SWANKYの考察①

NATTY SWANKYの業種は「小売業」(ギョーザ居酒屋の運営など)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「588,800株」と普通程度ですので、その点での需要も普通かと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、上場直後に行使できるVC及びSOはなしですので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は伸びていますので、直近の業績については、不安は少ないと思います。

NATTY SWANKYの考察②

NATTY SWANKYの業態は、ギョーザ居酒屋の運営などですので、業態の人気は「低い」と思います。

また、居酒屋に関しては、現在飽和状態ですので、ギョーザに特化しているとはいえ、業態的に厳しいと思います。

そして、需要及び業績については、良いと思います。

しかし、上場日は「三社同時上場」になりますので、資金の分散が気になるところです。

考察としては、業態は弱含みになると思いますので、公募割れはないと思いますが、大きな上げも期待できないと予想します。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:4000円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました