IPO初値予想「日本国土開発」地合い回復で高値に期待!

スポンサーリンク

IPO初値予想「日本国土開発」

上場日:2019/3/5

市場:東証一部

業種:建設業

公開株数:15,474,400

公開価格:510円

主幹事:三菱UFJ証券

事業内容:土木・建築工事の施工管理および建築設計業務を中心とした総合建設業

日本国土開発の考察①

日本国土開発の業種は「建設業」(土木工事などの総合建設業)になりますので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「15,474,400株」と多いので、その点の需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOはありませんので、その点の需要は良いと思います。

会社の業績は、利益は伸びていますが、売上は頭打ちになっていますので、業績に不安があると思います。

日本国土開発の考察②

日本国土開発の業態は、総合建設業ということで、業態の人気は「低い」と思います。

また、業態に目新しさはなく新規性は薄いので、人気は弱含みになると思います。

さらに、一度上場を廃止した再上場案件になり、公開株数も多いので、需要面で良いとはいえないと思います。

ただし、単独上場など上場するタイミングは良く、株価が低い「低位株」で買いが集まりやすい状況は良いと思います。

考察としては、上場内容で良い悪いがあり、上場当日の地合い次第で、上にも下にも行く状況だと思います。

そこで、現在のIPOの地合いの良い流れに乗れば、初値650円超えもあると思います。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:625円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました