マイクロ波化学がまさかの公募割れ!

スポンサーリンク

マイクロ波化学の初値について

本日上場した「マイクロ波化学」の初値について。

本日初値が付いて、公開価格「605円」に対して、初値は「550円」(-55円)でした。

その初値を見て思ったのは、まさか公募割れするとは思っていませんでした。

しかし、その後は大きく下げることはなく、上げ下げを繰り返しながら、最終的に「ストップ高」で、本日は終了しました。

最終的な終値は「650円」(+100円)となりました。

と言うことで、セカンダリーに参戦した方、おめでとうございました。

失敗したと思うも…

ちなみに、私はマイクロ波化学のBBは「不参加」で、参加しませんでした。

BBに参加しなかった理由は、新規承認当初の評価を見て、公募割れする可能性があると思っていたからです。

最近のIPOは、公開価格を抑えた株価になっていて、マイクロ波化学もそれに漏れず「605円」となっていました。

その安い価格設定でも、評価があまり良くないと言うことは、公募割れする危険があると考えたからです。

しかし、大手の直前予想を見ると、700円とも900円とも言われていて、それを知り「BBに参加しないで失敗した!」と思っていました。

結果的に初値を見ると、BBに参加しないで良かったのですが。

最後に

マイクロ波化学については、IPOらしい業態で悪くないと思っていました。

しかし、IPOは業態も大切ですが、公開価格や公開株数、VCやSOのあるなし、上場日などが絡みますので、業態だけでは判断できません。

そして、マイクロ波化学については、VCが大量にあり業績も良くないことから、厳しい初値になるかもと思っていました。

そんなこんなで、BBに参加しなかったと言うことです。

そしてフタを開けてみると、公募割れと言うことになりましたが、初値を付けた後は、ストップ高になりましたので…

良くもあり悪くもありで、初値後は一定の評価を受けた株価になったと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました