IPO初値予想「マリオン」不動産の証券化は将来性があると思いますが…

スポンサーリンク

IPO初値予想「マリオン」

上場日:2018/9/13

市場:JQS

業種:不動産業

公開株数:279,600

公開価格:2,380円

主幹事:SBI証券

事業内容:賃貸用不動産の運営および管理ならびに不動産賃料収入に基づく不動産証券化商品の組成および販売

マリオンの考察①

マリオンの業種は「不動産業」(賃貸用不動産の運営管理など)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

公開枚数は「279,600株」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要大株主には「90日or180日or1.5倍」のロックアップ、VCなしSOなしになりますので、その点の需要も良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益共に上げ下げしていますので、業績について不安があると思います。

マリオンの考察②

マリオンについては、賃貸用不動産の運営管理などになりますので、業態の人気としては「低い」と思います。

ただし、不動産の証券化サービスについては、将来性があると思いますので、その点はメリットになると思います。

また、当選枚数は少なく需要も良いと思いますので、その点もメリットになると思います。

ただし、現状で地合いが良くないことや、主幹事はSBI証券ですので、初値売りが多くなることは、マイナスになると思います。

考察としては、不動産業と言うことで人気が出にくいことなどを加味すると、当初の初値予想より大幅に下がると予想します。

初値予想

評価:B(6)
初値予想:3,800円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!