マザーズ市場に蔓延する上場ゴールが日本のベンチャーを潰す。 | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

マザーズ市場に蔓延する上場ゴールが日本のベンチャーを潰す。

スポンサーリンク

日本のマザーズ市場は終わっている!?

もはやマザーズ市場からは、世界に通用する革新的なベンチャーは出てこない。

現在、ベンチャー企業の登竜門といわれる、東京証券取引所マザーズ市場に上場審査中の30代のIT企業経営者はこう嘆く。

東証マザーズ市場は2000年に設立され、ライブドアやサイバーエージェントなど…

現在では日本経済を代表する大企業に成長したベンチャーを輩出してきた。

しかし現在では、成功例のモノマネをする優等生企業か…

ビッグマウスで投資家をだます企業の2種類しか、輩出できない状態に陥っているといいます。

本来のマザーズ市場とは

そもそもマザーズ市場というのは、ごった煮のように集まるベンチャー企業の成長期待に、ギャンブル的に賭ける市場だったはずです。

東証では、業績が赤字でも上場できるのが、マザーズ市場だけなのも、そのコンセプトがあったからこそです。

アナーキーさの中から面白いサービスを提供する企業が次々に生まれてきました。

しかし、今は単なるマネーゲームの場に成り下がっています。

この経営者によると、その一つ目の理由は、上場時に新規発行株を引き受ける証券会社が、保守的になったことが挙げられるという。

gumiの例

背景には、新規上場時についた初値をいつまで経っても上回らない「上場ゴール」の蔓延があります。

上場ゴールの代表例として有名なのは、ソーシャルゲーム大手の「gumi」が、2014年12月に東証1部市場へ直接上場したことだろう。

gumiは、上場後わずか2ヵ月で業績を下方修正し、株価は急落

公開価格の3300円を上場後5年が経過しても、1度も超えることができず。

2019年12月末段階で、800~900円台で推移するなど、3分の1以下に落ち込んでいる。

そこで「業績悪化がわかっていて、投資家に損をさせた」「上場サギではないか」などと、激しく批判された。

MTGの例

マザーズ市場でも、記憶に新しいシックスパッドで有名な健康・美容器具の「MTG」が…

2018年7月の上場から1年も経たないうちに、販売不振と中国子会社の粉飾決算が明らかとなり、業績予想を下方修正しました。

その結果、株価は初日終値の7350円から2019年12月末に800円を切るなど、10分の1程度にまで落ち込んでいます。

先の経営者は、相次ぐ上場ゴールによる不祥事が、証券会社に与えた影響についてこう話す。

とにかく、堅く売れるベンチャーが好まれるようになりました。そして、企業の本当の実力が、上場時の株価に反映されません。

その結果、上場時に調達できる資金が少なくなり、事業規模を拡大するのは難しくなります。

最後に

確かに、最近のIPOを見ていると、手堅くなっている面もあると思います。

しかし、赤字垂れ流しなどで、ギャンブル的な企業も上場していますので、マザーズ市場が一概に手堅いともいえないと思います。

また投資する側は、損をする可能性を極力抑えたいと思うのは、当然のことだと思います。

そこで、上場ゴール企業を排除しようとする流れは、致し方ないと思います。

それでも、ギャンブル的な要素が欲しいと思うなら、クラウドファンディングを利用したり…

ベンチャー企業に投資できる会社やサイトなどもありますので、そういったのを利用するのが良いのかなと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました