守谷輸送機工業の上場初日と2日目を見て思ったこと。

スポンサーリンク

守谷輸送機工業について

昨日上場した「守谷輸送機工業」について。

上場初日(昨日)に初値が付いて、公開価格「810円」に対して、初値は「820円」(+10円)でした。

ギリギリ公募割れを免れましたが、売買手数料を引くとマイナスと言った感じでした。

いわゆる「手数料負け」となりました。

その初値を見て思ったのは、最近のIPOからすると、吸収金額がそこそこ大きかった割には、健闘した初値だと思いました。

何より、IPOでは人気薄の「東証二部上場」で、業態も不人気でしたので、そう言ったのを加味すると、健闘した初値だったと思います。

上記のことは、あくまでも私の勝手な見立てと言うか感想です。

考察など

なぜ守谷輸送機工業は、公募割れしなかったのか?

その一番の理由は「公開価格」にあると思います。

公開価格が「810円」と言う手頃感から、公募割れを免れたのだと思います。

もちろん、上場日当日の地合いだったり、主幹事やVCなどの意向などが、絡んだことだと思いますが…

それでも公開価格が比較的安かったことで、公募割れを防いだ感が大きかったと思います。

そこでこれからのIPOは、今後の地合いにもよりますが、今の地合いが続くようなら、この手の上場が増えると思います。

ようは、公開価格を下げて、買いやすい価格設定にするみたいな。

最後に

例えば、公開価格が3000円のIPOなら場合によっては、初値売りで500円のマイナスになることもあると思います。

しかし、公開価格が750円のIPOなら、どんなに下がったとしても…

初値売りで500円のマイナスになることは、絶対にないとは言えませんが、ほぼないことだと思います。

ようは、公開価格を低く設定すれば、それだけリスクも低くなると言うことです。

そのことでセカンダリーに人を呼び込み、公募割れの可能性が低くなると言うことです。

ただし、公開価格を低くすれば、それだけ利益も低く(薄く)なりますので、メリットばかりではないと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました