株や投資をする人に必見の金融映画「マネー・トレーダー 銀行崩壊」

スポンサーリンク

映画「マネー・トレーダー 銀行崩壊」

映画「マネー・トレーダー 銀行崩壊」は、1995年に投資銀行の名門「ベアリングス銀行」が破綻した事件を題材にしています。

映画の設定(内容)は、破綻の原因を作ったベアリングス銀行のトレーダー「ニック・リーソン」の手記になります。

前書き

1995年2月27日、全世界を衝撃のニュースが駆け巡った。

それは、1763年に創業され「女王陛下の投資銀行」とまでいわれた、イギリスの名門ベアリングズ銀行が破綻したからだ。

その原因は、デリバティブ(金融派生商品)取引で「約8.6億ポンド」(約1,380億円)という巨額の損失を出したのが原因でした。

しかもこの事件は、たった一人の28歳という若いトレーダーによって、引き起こされた事件になります。

ニック・リーソンの経歴など

高卒で学歴もない彼(ニック・リーソン)は、インドネシアのジャカルタ支店で、無記名債権の現金化で成功しました。

無記名債権とは、簡単にいえば商品券とか映画のチケットなどのことです。

そのことで、会社からの信頼を得て、シンガポール国際金融取引所の先物取引部門責任者(トレーダー)に抜擢されます。

そこでも、多額の利益を生み出しているかのように見えたのですが、その裏には多額の損失を隠すための「架空取引口座」が存在していました。

そして、目の前の状況を切り抜ける為に不正を繰り返すことで、後に収集が付かなくなってしまう映画になります。

映画の感想など①

私がこの映画を初めて見たのは、10年以上前のことになります。

そのときは、銀行で伸し上がった一人の若者が、落ちて行く様子を単に描いるだけの映画だと思っていました。

しかし、私自身が株などをするようになり改めて映画を見ると、損失を取り返すためにさらに損失を重ねてしまう。

それは、株など投資の世界では良く話しで・・・

数万の損失が数十万の損失に膨らみ、さらにその損失の穴を埋めるために、数百万の損失を出してしまう。

映画の感想など②

そして気付いたときには、資産(財産)の全てを失ってしまったなどは、よくある話しになると思います。

最近でいえば、仮想通貨で大損したなどの話しは、多くあったと思います。

マネー・トレーダーを見ると、そんな様子をうかがい知ることができると思います。

また、リスクが高いデリバティブ取引の怖さみたいなものも、知ることができると思います。

他の記事も読む:株や投資をする人に必見の金融映画まとめ一覧

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました