マネーゲーム化したIPOに手を出すのは怖い!

スポンサーリンク

直近で上場したIPOについて

直近で上場したIPOを見ていると、全てではありませんが…

大幅に株価が上昇しているIPOもあり、そういったIPOについては、すこぶる調子が良いと思います。

そして、直近で上場した「松屋アールアンドディ」の株価を見ると、すでに公開価格の「2倍以上」になっています。

この状況を誰が予想できたでしょうか?

新型コロナの影響で、松屋アールアンドディのような製造業の業績は、かなりというか相当落ちると予想されます。

それでも株価が大幅に上がっているということは、どこかで期待できるところがあるのだと思います。

マネーゲーム化するIPOも多い

ただしIPOについては、吸収金額や業態や業績などで判断されることはなく…

単なるマネーゲームで株価が上がることもあります。

特に上場したIPOについては、上場直後にマネーゲーム化することで、大幅に株価が上がることが多いのも事実です。

マネーゲーム化とは、例えば株価が大幅に下がったことで割安感が生まれ、逆に買われることがあると思います。

そのことで、買いが買いを呼ぶことで、それが話題になり、さらに買われることになります。

そうやって株価が大幅に上がることで、マネーゲーム化するということです。

マネーゲーム化している株は怖い

そして、あまりにも株価が上がり過ぎると、今度は突然梯子(はしご)を外されてしまい…

株価が急落するなんてこもと、株には良くある話しだと思います。

そこで、マネーゲーム化している株には、手を出さない方が良いといわれています。

実は、私はそういった株に一度だけ手を出したことがあり、あっという間に10万円以上も損した経験があります。

ちなみにその株は、かなり前の話しになるので、銘柄名は忘れてしまったのですが…

上記の松屋アールアンドディと同じように、上場直後のIPOになります。

さくらさくプラスか上場していたら?

そのときに私が思ったのは、IPOも含めてマネーゲーム化している株には、二度と手を出さないということです。

私のような下手な素人崩れが手を出すには、マネーゲーム化している株は、厳しいというか難しいと思います。

また、IPOの話しに戻りますが、松屋アールアンドディだけでなく…

NexToneやサイバーセキュリティクラウドなども、すこぶる調子が良いと思います。

そういったのを見ていると、直近で上場中止になった「さらさくらさくプラス」が、仮に上場していたら…

そこそこ良い初値になっていたのでは?と思うも、そんなタラレバをいまさら考えても仕方ないですね。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました