マネックス証券が一般信用の賃株料を1.1%に引き下げで優待クロスに朗報!

スポンサーリンク

マネックス証券が賃株料を引き下げ

マネックス証券が、信用取引(一般)の賃株料を「1.1%」に引き下げました。

従来の「2.0%」(2019年9月27日までは1.50%)を「1.1%」に引き下げるとのことです。

これで、マネックス証券も業界最安値になり、長期で1.1%は魅力的だと思います。

それにしても最近、賃株料の下げ合戦が各証券会社で、頻繁に行われていると思います。

それでもSMBC日興証券が優位

ただし、売買手数料については、従来通り掛かりますので・・・

優待クロスするには、売買手数料が「無料」の「SMBC日興証券」が優位なのは、変わらないと思います。

また、SMBC日興証券は「保管料」も無料です。

そこで、早くから優待クロスするには、やはりSMBC日興証券が優位だと思います。

とはいえ、優待クロスの全てを、SMBC日興証券で出来るのかといわれると、そうではないと思います。

選択技の一つとしてマネックス証券

上記に書いた通り、マネックス証券は賃株料が安くなり、業界最安値になりました。

そこで、優待クロスの選択技の一つに、入れても良いと思います。

また、売買手数料は安くはないですが、それほど高くもないと思います。

そういったことも加味すると、優待クロスの選択技に、マネックス証券を使うというのは、アリだと思います。

マネックス証券のデメリット

ただし、マネックス証券は、取り扱っている優待株が少ないので・・・

優待クロスできる優待株も、それに平行して少ないと思います。

さらに、優待クロスできる優待があったとしても、在庫が少ないことも多いと思います。

そこで、メインでは使いにいとは思いますが、サブとしてなら十分使えると思います。

サブというのは、他社で取れない優待がマネックス証券にあった場合、マネックス証券を使うということです。

マネックス証券を使ってみた感想

私自身、この前初めてマネックス証券で、信用取引をしてみたのですが・・・

特に使いづらいということはなく、簡単に取得することができました。

ちなみに上記は、8月優待の「SFPホールディングス」で、100株取得で4000円分の食事券になります。

有名どころだと「磯丸水産」などで使うことができます。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました