みずほ証券で起きたシステム障害の原因は何だったのか?

スポンサーリンク

システム障害の原因は設定ミス

みずほ証券は27日、ネット取引システムの障害について記者会見を開き、システム間のネットワークをつなぐ設定ミスが障害の原因だったことを明らかにした。

原因について、リテール業務システムと運用管理するサーバーの間の通信の設定にミスがあったと説明した。

システムの不調は22日夜から発生、25日夜の注文と合わせて約1万件の注文が運用管理サーバーに送られずに処理できなかった。

1万件のうち、約定されるべき1200件が約定できなかったという。現在まで手作業ですべて約定は終了させた。

対応が遅いと感じました。

ミスをしてしまうのは、人間がやること(人為的ミス)ですので、ある意味仕方がないと思います。

しかし、ミスをしてしまったら、早急な対応ができるような体制を常に取っておくことが、好ましいことだと思います。

ですので、22日の夜から27日の午後まで、長い間ネットで、株取引の注文などができない状態であったのは、対応が後手後手だった感が否めないと思います。

また、証券会社という大きなお金が絡む会社のミスですので、相応の損失補てんみたいなものが、今後必要になるのかなと思います。

BBの結果は落選でした。

ちなみに、みずほ証券でBBに参加していた「ロジザード」と「キャンディル」の抽選結果については・・・

27日に仕事から帰って来て、ようやく抽選結果を確認することができました。

そして結果の方は、当然のように2社ともに「落選」していました。

そもそも、みずほ証券でのロジザードの配分は16枚か17枚、キャンディルは34枚か35枚ですので、当選するはずもないですよね。

ミスをしたのは仕方がないと思いますが…

私の場合は、みずほ証券に大した額を入金していませんでしたので、金銭的なダメージはほぼありませんでした。

しかし、多くのお金をみずほ証券に入金していた人は、株取引ができないなどで、中には損失を被ったなどの人もいたと思います。

また、みずほ証券は「MTG」の幹事になっていましたので、システム障害でBBに参加できなかったという人もいると思います。

そこで、ミスをしたのは仕方がないとは思いますが、何かしらの被害を受けた人は、やるせない気持ちで一杯だと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

おすすめ記事一覧
その他
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ