IPO初値予想「ミンカブ・ジ・インフォノイド」今話題のIPOですね!

スポンサーリンク

IPO初値予想「ミンカブ・ジ・インフォノイド」

上場日:2019/3/19

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:3,151,200

公開価格:1,050円

主幹事:SBI証券

事業内容:AI(人工知能)、クラウドインプットによる情報生成技術を活用した金融情報メディア(「みんなの株式」など)の運営ならびに金融機関向け情報系フィンテックソリューションの提供

ミンカブ・ジ・インフォノイドの考察①

ミンカブ・ジ・インフォノイドの業種は「情報・通信業」(金融情報メディアの運営など)ですので、業種の人気としては「高い」と思います。

公開株数は「3,151,200株」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

会社の業績は、売上は伸びていますが、利益は上げ下げしていますので、業績に不安があると思います。

ミンカブ・ジ・インフォノイドの考察②

ミンカブ・ジ・インフォノイドの業態は、金融情報メディアの運営などで、業態の人気は「高い」と思います。

また、IPOでは人気のAIなどのキーワードを含んでいますので、人気としては一段上がると思います。

さらに、SBI証券が主幹事で、当選枚数が多いことから注目度は高く、その点もメリットになると思います。

ただし、吸収金額は大きくVCが多いことから、需要は良いとはいえないと思います。

また、SBI証券が主幹事ですので、初値売りが多くなると予想され、上値にフタをする可能性があると思います。

考察としては、業態と注目度は良いと思いますが需要を考えると、それほど高い初値にはならないと予想します。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:1450円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました