IPO新規承認「ミンカブ・ジ・インフォノイド」SBI証券主幹事が来ました!

スポンサーリンク

IPO新規承認「ミンカブ・ジ・インフォノイド」

このほど「ミンカブ・ジ・インフォノイド」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「AI、クラウドインプットによる情報生成技術を活用した金融情報メディア(「みんなの株式」など)の運営ならびに、金融機関向け情報系フィンテックソリューションの提供」になります。

ミンカブ・ジ・インフォノイドは、AIを活用したコンテンツ自動生成の仕組みを導入することで・・・

「みんかぶ」「株探」「みんなの仮想通貨」「みんかぶFX」など、国内最大級の投資家向け情報メディアを提供している会社になります。

ミンカブ・ジ・インフォノイドの上場スケジュールなど

主幹事  SBI証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  情報・通信業
想定価格 960円
当選枚数 31,512枚
BB期間 3/1~3/7
当選発表 3/8
申込期間 3/12~3/15
上場日  3/19

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

ミンカブ・ジ・インフォノイドの総評①

ミンカブ・ジ・インフォノイドは「情報・通信業」(AIによる金融情報メディアの運営など)になり、業種の人気としては「高い」と思います。

当選枚数は「31,512枚」と多いので、その点での需要は良いはいえないと思います。

また、主要大株主には「90日or1.5倍」のロックアップ、VCありSOありなります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは多いので、その点での需要も良いとはいえないと思います。

会社の売上や利益は、売上は年々伸びていますが、利益は上げ下げしていますので、業績について不安があると思います。

ミンカブ・ジ・インフォノイドの総評②

ミンカブ・ジ・インフォノイドの業態は、AIによる金融情報メディアの運営などになりますので、人気としては「高い」と思います。

さらに、AIといえばIPOでは人気業態ですので、さらに人気は高くなると思います。

ただし、吸収金額は大きく、VCが多くあり、業績にも不安がありますので、その点は不利になると思います。

総評としては、不利な点が多々ありますが、AIという人気業態であることで、多くの買いが集まると思います。

そして、SBI証券が主幹事で当選枚数が多いので、是非当選したい案件になると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました