IPO新規承認「ミクリード」主幹事はみずほ証券

スポンサーリンク

IPO新規承認「ミクリード」

このほど「ミクリード」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「飲食店向け業務用食材などの企画・販売」になります。

ミクリードは「日本の台所をリードする」ことを目指している企業になります。

また、ミクリードは1995年の創業以来、業務用食材通販のパイオニアになります。

ミクリードの上場スケジュールなど

主幹事  みずほ証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  卸売業
想定価格 890円
当選枚数 10,718枚
仮条件日 2/25
BB期間 2/27~3/4
公開価格 3/5
申込期間 3/6~3/11
上場日  3/16

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

ミクリードの総評①

業種は「卸売業」(飲食店向け業務用食材などの企画・販売)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

当選枚数は「10,718枚」と多いですが、想定価格は安いので、その点での需要は普通かと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOは少ないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は頭打ち気味ですので、業績に不安があると思います。

ミクリードの総評②

飲食店向け業務用食材などの企画・販売ですので、業態の人気は「低い」と思います。

また、業務用食材の販売などは、業態としての新規性はなく、同業他社も多いことから、人気は一段落ちると思います。

それ以外では、需要は吸収金額などを見ると普通で、業績は良いとはいえないと思います。

総評としては、想定価格は「1000円以下」ですので、買いやすい価格帯なのは、メリットになると思います。

また、需要も悪くないと思いますので、公募割れはないと思いますが、上値は限定されると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました