IPO初値予想「メルカリ」話題性は高く初値は上々で上場か!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「メルカリ」

上場日:2018/6/19

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:43,554,800

公開価格:3,000円

主幹事:大和証券、三菱UFJモルガン証券

事業内容:CtoCマーケットプレイス「メルカリ」その他のマーケットプレイス関連事業の開発・運営など

メルカリの考察①

メルカリの業種は「情報・通信業」(IT系)になりますので、業種の人気としては「高い」と思います。

当選枚数は「43,554,800株」と多く「大型IPO」になりますので、その点での需要面は良いとは言えないと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場直後に行使できるVC及びSOの枚数は多くありますので、その点での需要面も良いとは言えないと思います。

会社の売上や利益については、売上は年々が上がっていますが、利益は毎年赤字になっていますので、業績に不安があると思います。

メルカリの考察②

メルカリの考察としては、まず知名度は高く話題性も高く、初値が注目されると思います。

また、業態はIPOでは人気のIT系で、さらに人気があるスマホ系になりますので、業態の人気としても高いと思います。

さらに、前回の上場から期間が2週間以上も開いていますので、上場するタイミングも良いと思います。

ただし、大型IPOになりますので、需要的な不安があり、さらに赤字経営になりますので、業績的な不安もあると思います。

総合的に見ると、話題性はかなり高いと思いますので、そのことで買いが多く集まることで、公募割れすることはないと予想しています。

初値予想

評価:B(5)
初値予想:4,500円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!