IPO仮条件「名南M&A」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

名南M&Aの仮条件について

前日に発表された「名南M&A」の仮条件について

その内容は、想定価格「1,610円」に対して、仮条件は「1,720円~2,000円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、強気な仮条件だと感じました。

その理由は、名証セントレックス上場ですので、小さい市場のことを考えると、需要的に弱含みだと思うからです。

また、会社の歴史は浅く規模も小さいので、仮条件を見て強気だと感じました。

名南M&Aについて

名南M&Aの業態は、その名の如く「M&Aの仲介など」ですので、業態の人気は「普通」かと思います。

また、吸収金額は名証上場にしては、少々大きいのかなと思います。

それでも、上場スケジュールは良いと思いますので、その点はメリットになると思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCはなくSOもありませんので、その点の需要も良いと思います。

業績は、今期は大幅に上がっていますが、今期以前の売上を見ると頭打ちになっています。

BBで気になること

BBで気になることは、名証上場ですので、需要的に不安なところがあると思います。

また、業態的にも新規性はないので、これもまたテーマとしては弱いと思います。

ただし、業態の「M&A」については、これから延びる業態だと思いますので、悪くないと思います。

また、上場するタイミングは良いと思いますので、それもメリットになると思います。

さらに、仮条件を大幅に上げて来ましたので、強気な姿勢も期待できると思います。

BBスタンスと初値予想

今回のBBスタンスは、参加する方向で考えています。

また、主幹事は東海東京証券になりますので、多少当選の期待が持てると思います。

そして、現時点での初値予想は、上場する市場のことや業態などを考えると、初値高は難しいと思います。

それでも公募割れはなく、ある程度利益が取れる初値になると予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました