IPO初値予想「松屋アールアンドディ」考察と直前予想

スポンサーリンク

IPO初値予想「松屋アールアンドディ」

上場日:2020/4/6

市場:東証マザーズ

業種:輸送用機器

公開株数:716,400株

公開価格:910円

主幹事:野村証券

事業内容:自動車安全装置縫合システムの開発・製造・販売、レーザー裁断機の開発・製造・販売、血圧計腕帯の製造、カーシートカバーの生産など

松屋アールアンドディの考察①

業種は「輸送用機器」(自動車安全装置縫合システムの開発・製造・販売など)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「716,400株」と普通程度ですので、その点での需要も普通かと思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは少ないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上は延びていますが、利益は上げ下げしていますので、業績に不安があると思います。

松屋アールアンドディの考察②

業態は、自動車安全装置縫合システムの開発・製造・販売などですので、業態の人気は「低い」と思います。

また、血圧計腕帯の製造では、オムロンへの依存度が高くなっています。

それが、会社の売上の「約7割」を占めている点は、メリットでもありデメリットでもあると思います。

また、吸収金額を見ると、その点での需要は普通程度で、業績を見ても良いとはいえないと思います。

考察としては、業態にコレといった強みはなく、需要も業績も良いとはいえないので、厳しい状況だと思います。

さらに、新型コロナの影響で地合いは悪いので、その点でも厳しいと思います。

初値予想

評価:D(2)
初値予想:910円以下

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました