IPO初値予想「ロジザード」相場の状況が懸念されますね。

スポンサーリンク

IPO初値予想「ロジザード」

上場日:2018/7/4

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:954,500

公開価格:900円

主幹事:野村証券

事業内容:在庫管理システムのクラウドサービスによる提供

ロジザードの考察①

ロジザードの業種は「情報・通信業」(IT系)になりますので、業種の人気としては「高い」と思います。

当選枚数は「954,500株」と若干多いですが、公開価格が安いので、その点での需要面は良いと思います。

また、主要大株主には「90日」のロックアップ、VCなしSOありで、上場直後に行使できる枚数はありませんので、その点での需要面は良いと思います。

会社の売上や利益については、売上は年々伸びていますが、利益の伸びは低いので、業績については不安があると思います。

ロジザードの考察②

ロジザードの考察としては、業態は「IT系」ということでで、業態の人気としては高いと思います。

ただし、事業内容の「在庫管理」などはITでは多く、ありがちな分野になりますので、業種の人気としては一段落ちると思います。

それ以外では、吸収金額は多くはなく、ロックアップはしっかりと掛かり、公開価格も安いというのがあり、需要面はかなり良いと思います。

総合的には、野村証券が主幹事で単独上場、人気のIT系で需要も良いので、高い初値になると予想しています。

ただし、現在の相場の状況は良いとはいえませんので、その点で初値が抑えられてしまう可能性があると思います。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:2,250円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!