IPO新規承認「ロジザード」人気のIT系のクラウドサービス!

スポンサーリンク

IPO新規承認「ロジザード」

このほど「ロジザード」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「在庫管理システムのクラウドサービスによる提供」となっています。

ロジザードは、IPOでは人気のIT系で「クラウドサービス」を提供していますので、人気が高くなると思います。

ロジザードの上場スケジュールなど

主幹事  野村証券
上場予定 東証マザーズ
想定価格 770円
当選枚数 9,545枚
BB期間 6/18~6/22
当選発表 6/25
申込期間 6/26~6/29
上場日  7/4

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

ロジザードの総評①

ロジザードの業種については「情報・通信業」(IT系)になりますので、業種の人気としては「高い」と思います。

当選枚数は「9,545枚」と若干多目ですが、想定価格が安いので、その点での需要面は良いと思います。

また、主要大株主には「90日」のロックアップ、VCなしSOありですが、上場直後に行使できる枚数はありませんので、その点での需要面も良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益ともに伸びていますが、利益の伸びが低いので、業績に若干不安があると思います。

ロジザードの総評②

ロジザードの業態については、IT系でクラウドサービスを提供していますので、業態の人気としては高いと思います。

さらに、想定価格が安いことで、買いが集まりやすい状況も良いと思います。

また、需要も良いと思いますので、総じてマイナス面が少ないIPOになると思います。

総評としては、特に問題ないIPOだと思いますので、是非とも当選したいと思う、高い初値が期待できる銘柄になると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!