ロコガイドの初値を見てIPOバブルの再来かと思った。

スポンサーリンク

ロコガイドの初値について

本日上場された「ロコガイド」の初値について

公開価格「2,000円」に対して、初値は「4,605円」でした。

当選された方、おめでとうございました!

ちなみに私は補欠にも掛からずの「落選」でした。(>泣<)

そして、まさかこれほどまで高い初値になるとは、誰が予想できたでしょうか?

タラレバであとからウンチクを語ることはできますが、事前に予想できた人は誰もいなかったと思います。

私の初値予想は大ハズレ

ちなみに、私の初値予想は「2,600円前後」としたのですが…

仮に2,600円を超えたとしても、3,000円を超えるのは難しいと思っていました。

ですので、ロコガイドの初値が「4,605円」になっているのを見て、まさかこれほどまで初値が上がるとは!と思って…

初値を見たときは「マジかよ!」と思って、ビックリしてしまいました。

さらに、初値後も株価は上がり、最終的な株価は「5,310円」(S高)で終値となりました。

コパ・コーポレーションは初値付かず

また、同時上場した「フィーチャ」は、当然のように初日初値付かず。

これは予想できたことなので、当然だったと思います。

しかし、 ロコガイドの初値高につられるように、コパ・コーポレーションも初日は初値付かずで終了しました。

この結果も予想できた人はいなかったと思います。こうだからIPOは難しい。

状況が良いとガツガツ上がるIPOですが、状況が悪いとなると一転して、公募割れすることもあります。

IPOは難しい

ですので、仮に新型コロナの影響で、現在の相場の状況が悪ければ…

今日の状況から一転して、ロコガイドが公募割れする可能性も大いにあったと思います。

また、コパ・コーポレーションも公募割れしていたかもしれません。

そして、ロコガイドの初値予想をしていたブログの中には、場合によっては公募割れと予想していた人もいました。

ということで、当初はそれほど評価が高くなかったロコガイドですが、フタを開けてみると初値大幅高になりました。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました