IPO新規承認「リビングプラットフォーム」主幹事は野村証券

スポンサーリンク

IPO新規承認「リビングプラットフォーム」

このほど「リビングプラットフォーム」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「介護事業、保育事業、障がい者支援事業」になります。

リビングプラットフォームは「保育」「介護」「障がい者支援」を中核として、展開している企業になります。

また、それぞれの事業が相乗効果を出し、地域社会のインフラを創造していくことを目的として、事業をおこなっています。

リビングプラットフォームの上場スケジュールなど

主幹事  野村証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  サービス業
想定価格 3,340円
当選枚数 3,346枚
仮条件日 2/26
BB期間 2/28~3/5
公開価格 3/6
申込期間 3/9~3/12
上場日  3/17

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

リビングプラットフォームの総評①

業種は「サービス業」(介護事業、保育事業、障がい者支援事業)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

当選枚数は「3,346枚」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要株主には「90日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは、気になる程度の枚数ですので、その点での需要も良いと思います。

会社の業績は、売上は年々延びていますが、利益の延びが低いと思いますので、業績に不安があると思います。

リビングプラットフォームの総評②

業態は、介護事業、保育事業、障がい者支援事業になりますので、業態の人気は「低い」と思います。

介護系については、最近IPOで多くある案件になり、新規性はなく、同業他社も多いことから、人気は一段落ちると思います。

それ以外では、吸収金額などを見ると需要は良く、業績も悪くないと思います。

総評としては、業態を見ると人気薄だと思いますが、需要は良いと思いますので、公募割れはないと思います。

また、主幹事が「野村証券」というのも、メリットになると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました