ライブスター証券のIPOルールについて

スポンサーリンク

ライブスター証券について

ライブスター証券は、1948年に更栄証券株式会社として設立され、その後アクセス証券などと合併などを繰り返し、現在のライブスター証券になりました。

また、ISホールディングス(外為オンラインなどを運営)の子会社で、オンライン取引を専業としていて、手数料が安さが強みになります。

IPOの取り扱いについては、2017年から参入して取引実績は「7社」(委託)と少ないですが、これから多くなる可能性はあると思います。

そこで、資金に余裕のある人やIPOの当選確率を少しでも上げたいという人は、口座を開設すべき証券会社なのかなと思います。

ただし、当選したとの声はかなり少なく、そこまで意識する必要はないと思いますが、事前に口座を開設しておけば間違いないと思います。

IPO(BB)抽選のルールなどについて

■BB抽選の方法など

・1口座1抽選の完全(平等)抽選

・ネットからの申し込みのみ(電話などは不可)

■配分

・割当枚数の100%を完全抽選

■資金拘束

・前受金は不要

■ペナルティー

・当選後のキャンセルは可能(ペナルティーがあるかは不明)

■メリットや注意点など

・前受金が不要

・IPOの引受は現在委託のみですので、当選枚数はかなり少ない。

・現状では、ライブスター証券で当選するのは、厳しいと考えて良いと思います。

※ 内容が変更されるなどで、上記と異なる場合があります。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!