IPO初値予想「リグア」考察と直前予想

スポンサーリンク

IPO初値予想「リグア」

上場日:2020/3/13

市場:東証マザーズ

業種:サービス業

公開株数:345,000株

公開価格:1,950円

主幹事:SMBC日興証券

事業内容:接骨院などの経営支援を行う接骨院ソリューション事業、保険代理店や金融商品仲介業を行う金融サービス事業

リグアの考察①

業種は「サービス業」(接骨院ソリューション事業など)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「345,000株」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日or180日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは、そこそこ枚数がありますので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

会社の業績は、売上は年々延びていますが、利益は低迷していますので、業績に不安があると思います。

リグアの考察②

業態は、接骨院ソリューション事業などですので、業態の人気は「低い」と思います。

それでも、接骨院に特化している点は評価できると思いますが、整骨院という特殊な業界での将来性や需要が多いかなどは不明

また、吸収金額を見るとその点での需要は良く、直近の業績は良いとはいえないと思います。

考察としては、公開株数が少ない「プラチナチケット」になりますので、それだけでも公募割れはないと思います。

ただし、業態や業績は「弱含み」になると思いますので、デメリットもあると思います。

また、新型コロナウイルスの影響で、地合いは悪いと思いますので、その点を加味した初値予想をしています。

初値予想

評価:B(5)
初値予想:2,950円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました