IPO仮条件「レオクラン」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

レオクランの仮条件について

先日発表された「レオクラン」の仮条件について

その内容は、想定価格「3,070円」に対して、仮条件は「2,480円~2,700円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、弱気すぎる仮条件だと感じました。

その理由は、レオクランは医療系&介護係ということで、業態の人気としては悪くないと思います。

また、吸収金額も多くはないので、需要的にもそこそこ良いと思うからです。

レオクランについて

レオクランの業態は「メディカルトータルソリューション事業など」ということで、業態の人気は「高い」と思います。

その理由は、医療や介護などについては、今後伸びる産業といわれていますので、業態の人気は高いと思います。

また、上記にも書きましたが、吸収金額は多くはないので、需要もそこそこ良いと思います。

業績については、売上などは上げ下げしていますので、不安があると思います。

BBで気になること

BBで気になることは、業態的に業績が大きく伸びることは、難しいということです。

しかし、業績が急激に悪化する業態ではないので、安定感はあると思います。

また、IPOとしては人気薄の「東証二部上場」で、仮条件が「下ブレ」したのも、気になるところです。

とはいえ、吸収金額は多くはないので、需要は良いと思います。

また、ロックアップが「180日」と、しっかりと掛かっている点も良いと思います。

BBスタンスと初値予想

今回のBBスタンスについては、全力でBBに参加する予定でいます。

理由は、人気薄の「東証二部上場」は痛いですが、それ以外で大きなデメリットはないと思うからです。

とはいえ、主幹事は当選しにくい「SMBC日興証券」ですので、当選は難しいと思います。

また、当選枚数が少ないことで、さらに輪を掛けて当選は難しいと思います。

そして、初値予想については、業態や需要などを考えると現時点では、公募割れはないと予想しています。

ただし、東証二部上場などがあり、上値は限定されると予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました