IPO初値予想「リーガル不動産」上場直前予想について

スポンサーリンク

IPO初値予想「リーガル不動産」

上場日:2018/10/23

市場:東証マザーズ

業種:不動産業

公開株数:1,161,500

公開価格:1,380円

主幹事:SMBC日興証券

事業内容:不動産の開発、売買、賃貸、管理、仲介業、介護事業

リーガル不動産の考察①

リーガル不動産の業種は「不動産業」(不動産の開発など)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

公開枚数は「1,161,500株」と若干多目ですので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになりますが、上場直後に行使できるSOはないので、その点での需要は良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益は年々伸びていますので、業績について不安は少ないと思います。

リーガル不動産の考察②

リーガル不動産の業態については、一般的な不動産業になりますので、業態の人気としては「低い」と思います。

さらに、不動産系はIPOでは荷もたれ感があり、特に特徴がない不動産業では、業態的に弱いと思います。

ただし、業績は直近を見ると良く、需要的に悪くはなく、上場するタイミングは良いと思いますので、そのようなメリットもあると思います。

考察としては、業態的に弱い面はありますが、それをカバーするメリットもありますので、まずは公開価格の「1.5倍」を目指す展開になると予想します。

初値予想

評価:B(5)
初値予想:2,100円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!