リーガル不動産の仮条件決定で悩むBBスタンスなどについて

スポンサーリンク

リーガル不動産の仮条件について

先日リーガル不動産の仮条件が発表されました。

その内容は、想定価格「1,360円」に対して「1,360円~1,380円」と、想定価格とほぼ変わらない仮条件でした。

しかし、最近のIPOを見ると不動産系のIPOは多く、荷もたれ感が強いと思います。

そのようなことなどを加味すると「やや強気」な仮条件になると思います。

売上や利益は順調に推移

上記に書いた通り、最近のIPOは不動産系が多く上場されています。

そこで、同じ不動産系のリーガル不動産についても、また不動産系かよ!と思ってしまう人もいるかと思います。

しかし、リーガル不動産については、売上を見ると順調に推移していて、現状の業績については順調に見えます。

また、それと並行して利益も伸びていて、業績については特に問題ないように思います。

とはいえ、業績の良い悪いうんぬんよりも、やはり「不動産業」というのが、引っ掛かってしまうと思います。

不動産業というのが引っ掛かる。

そして、直近で上場された同じ不動産業の「香陵住販」は、思ったほど初値が伸びなかったように思います。

ただし、地方の不動産取引(本社は茨木)がメインで、業態的に地味な面があり、初値については仕方がなかった面はあったと思います。

一方、直近で上場された不動産業の「アズーム」については、純粋な不動産業とはいえませんが、初値は大きく伸びで・・・

セカンダリーも順調だったと思います。(今は少し落ち着いていると思います。)

ということで、不動産業といっても一長一短というか、会社の事業内容や業績などで、人気度は変わるということになると思います。

不動産系のIPOは人気薄

そこで、ブログや掲示板などで、リーガル不動産の初値予想を見ると・・・

どのブログやサイトなども、公募割れすると予想していることはなく、BBに参加しても大丈夫なのかなと思っています。

ただし、上記にも書いたように、不動産系のIPOは人気が薄い(弱い)ので、公募割れしなくても上値は限定されると予想しています。

また、大手予想などを見ても、現状では公募割れとの予想はないので、私は積極的にBBに参加する予定でいます。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!