タカラレーベン不動産投資法人の初値を見て思ったことなど

スポンサーリンク

タカラレーベン不動産投資法人について

タカラレーベン不動産投資法人について、本日上場され本日初値が付きました。

その初値としては、公募価格「96,000円」に対して、初値は「92,000円」になり「公募割れ」となりました。

そして、その差額は「-4,000円」になりました。

今年のリートは、タカラレーベン不動産投資法人を含めて「3社」上場され、残念なことにそのどれもが公募割れしています。

2018年のリートの初値

・CREロジスティクスファンド投資法人・・・公募「110,000円」、初値「104,500円

・ザイマックス・リート投資法人・・・公募「105,000円」、初値「104,000円

・タカラレーベン不動産投資法人・・・公募「96,000円」、初値「92,000円

上記を見てもわかる通り、残念なことにどれも公募割れしています。

テーマ性がないリートの現状厳しい。

ここ1~2年で上場された、リートなど「投資法人」といわれるものを見ると、公募割れしている銘柄が多いのが現状です。

そして、物流(ロジスティック)、ホテル、介護など、全面に押し出す「テーマ」的なものがないと、現状は厳しいのかなと思います。

もしくは、スポンサーが大手不動産などでないと、現状は厳しいと思います。

それでも、地合いというか相場が良い状況なら、公募割れを回避できるのかと思います。

しかし、投資内容云々ではなく、地合いに頼らなければならない投資法人の上場は、まだまだ下火なのかなと思います。

最後に

リートなど投資法人といわれるものは、今後も上場されると思います。

そして、そのときの状況などを見なければ、何ともいえないところがありますが、基本的に直近では手出し無用なのかなと思っています。

IPOについては、そもそも当選確率が低いですので、多く配分されるリートで、利益が出せる状況だと良いのですが・・・

そうなれば、リートや大型IPOで小銭を稼いで、たまに当選するA級などのIPOで大きく稼ぐという、IPOのメリットが増すと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ