IPO初値予想「タカラレーベン不動産投資法人」公募割れ必至か!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「タカラレーベン不動産投資法人」

上場日:2018/7/27

市場:東証リート

業種:リート(不動産投資)

公開株数:361,000口

公開価格:96,000円

主幹事:SMBC日興証券

事業内容:オフィス・商業施設・ホテルなどへの不動産投資

タカラレーベン不動産投資法人の考察①

タカラレーベン不動産投資法人は、主スポンサーは法人名にもなっている、不動産業としては中堅の「タカラレーベン」になります。

公開枚数は「361,000口」と普通程度ですので、その点での需要面は普通かと思います。

その他のスポンサーとしては、PAG、ヤマダ電機、共立メンテナンスになり、会社としてはどれも中堅どころになると思います。

ということで、リート的には「弱含み」になるのかなと思います。

タカラレーベン不動産投資法人の考察②

タカラレーベン不動産投資法人の考察としては、特に特徴がない不動産投資(リート)で、スポンサーも大手というわけではありません。

メリットとしては、分配利回りは「6%以上」(予想)と高く・・・

スポンサーであるヤマダ電機の買い物券が、優待として「年2500円分」(500円×5枚)付きます。ただし、10口以上所有が条件です。

それを加味しても、投資内容やスポンサーなど決定打に欠けると思いますので、状況的に厳しいと思います。

これで地合いが良ければ、どうにかなる可能性が大きかったと思いますが、今回は残念ですが公募割れと予想しました。

初値予想

評価:D(2)
初値予想:96,000円以下

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!