IPO初値予想「ランディックス」裕福層向け不動産売買

スポンサーリンク

IPO初値予想「ランディックス」

上場日:2019/12/19

市場:東証マザーズ

業種:不動産業

公開株数:747,500株

公開価格:1,630円

主幹事:大和証券

事業内容:富裕層顧客を中心とした不動産売買、仲介、注文住宅マッチングサービスの提供および自社ポータルサイト「sumuzu」の運営

ランディックスの考察①

業種は「不動産業」(富裕層顧客を中心とした不動産売買など)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「747,500株」と普通程度ですので、その点での需要も普通かと思います。

また、主要株主には「90日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOはないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は延び傾向にありますので、業績の不安は少ないと思います。

ランディックスの考察②

業態は、富裕層顧客を中心とした不動産売買などになりますので、業態の人気は「低い」と思います。

ただし、不動産業でも「裕福層に特化」している点は、評価できると思いますので、人気は一段上がると思います。

また、収集金額はどちらかといえば少なく、需要的に良いとと思います。

さらに業績についても、直近を見る限り悪くないと思います。

考察としては、特に大きなデメリットはなく、地合いが良いのも相まって、高い初値が期待できると予想します。

初値予想

評価:B(6)
初値予想:2,850円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました