IPO仮条件「ランディックス」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

ランディックスの仮条件について

昨日発表された「ランディックス」の仮条件について

その内容は、想定価格「1,530円」に対して、仮条件は「1,530円~1,630円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、中立的な仮条件だと感じました。

その理由は「不動産業」になりますので、業種的な人気は「低い」と思うからです。

ただし、不動産業でも「裕福層」に特化している点は、評価できると思います。

ランディックスについて

ランディックスの業態は「富裕層顧客を中心とした不動産売買など」ですので、業態の人気は「低い」と思います。

ただし、裕福層に特化している点は評価できますので、人気は一段上がると思います。

主要株主には「90日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOはないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は延び傾向ですので、業績の不安は少ないと思います。

BBで気になること

BBで気になることは「不動産業」ということで、業種的な人気が低いことです。

不動産業といえば、IPOではよくある業種ですので、荷もたれ感があると思います。

それでも、裕福層に特化していますので、不動産業といえども、切り分けはできていると思います。

また、吸収金額もそれほど多くなく、ロックアップもしっかり掛かっていますので、その点も良いと思います。

それ以外では、上場日は12月のIPOラッシュの中間ですので、資金の分散や買い疲れがあると思います。

最後に

今回のBBスタンスは、全力でBBに参加したいと思います。

その理由は、特にコレといった大きなデメリットがないからです。

また、吸収金額的にも公募割れはないと思います。

そして、現時点での初値予想は、公開価格の「1.5倍前後」と予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました