IPO仮条件「ランサーズ」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

ランサーズの仮条件について

本日発表された「ランサーズ」の仮条件について

その内容は、想定価格「900円」に対して、仮条件は「660円~730円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、少々強気な仮条件だと感じました。

その理由は、大型IPOで需要的に弱く、赤字経営でさらに輪をかけて、需要が弱くなると思うからです。

また、ロックアップが掛かっていないVCなどが多く、上場直後の売りが多くなる場合もあると思います。

ランサーズについて

ランサーズの業態は「フリーランスと企業をマッチさせるプラットフォーム事業の運営」ですので、業態の人気は「高い」と思います。

ただし、吸収金額が多いので、需要的に「弱い」と思います。

さらに、ロックアップが掛かっていないVCなどは多く、それも需要が弱くなる原因になると思います。

また「売出株」が多いのも気になるところで、上場日は「三社同時上場」ですので、その点でも不利になると思います。

会社の業績は「赤字経営」になりますので、業績に不安があると思います。

BBで気になること

BBで気になることは、業態的にIPOらしい業態で、業態の人気は「高い」と思います。

また、知名度も「高い」と思いますので、注目度も多少高くなると思います。

ただし、それ以外のメリットはなく、総じてデメリットの方が多いと思います。

そして、需要、業績、上場スケジュール、これだけのデメリットがそろってしまうと、状況は厳しいと思います。

さらに、仮条件を大きく下げましたので、状況的に厳しいとしかいえないと思います。

最後に

今回のBBスタンスは「不参加」にしたいと思います。

理由は、上記に書いたように需要や業績などで、デメリットが多いからです。

これで、仮に仮条件を500円前後にしていたなら、BBに参加したいと思いますが…

730円という中途半端な公開価格では、仮条件を下げたメリットは薄いと思います。

また、現時点での初値予想は「公開価格前後」で、公募割れを視野に入れる必要があると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました