IPO初値予想「共栄セキュリティーサービス」警備業の上場!

スポンサーリンク

IPO初値予想「共栄セキュリティーサービス」

上場日:2019/3/18

市場:JQS

業種:サービス業

公開株数:494,500

公開価格:2,100円

主幹事:みずほ証券

事業内容:施設警備、雑踏・交通誘導警備を中心とした警備業

共栄セキュリティーサービスの考察①

共栄セキュリティーサービスの業種は「サービス業」(警備業)ですので、業種の人気としては「低い」と思います。

公開株数は「494,500株」とJQSとしては普通程度ですので、その点での需要も普通かと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場後に行使できるSOはないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益共に頭打ちになっていますので、業績に不安があると思います。

共栄セキュリティーサービスの考察②

共栄セキュリティーサービスの業態は、警備業になりますので、業態の人気は「弱い」と思います。

また、警備業は同業他社が多く、新規性も薄いと思いますので、人気としてはさらに一段落ちると思います。

それ以外にも、業績が頭打ちなのも気になるとことです。

ただし、ロックアップがしっかり掛かり単独上場などもあり、需要は良いと思います。

考察としては、業態や業績に不安はありますが、需要は良いと思いますので、相応の初値になると予想します。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:2850円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました