IPO新規承認「Kudan」(クダン)人工知覚技術の研究開発!

スポンサーリンク

IPO新規承認「Kudan」(クダン)

このほど「Kudan」(クダン)が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「人工知覚技術の研究開発及びソフトウェアライセンスの提供」となっています。

Kudanは、イギリスに研究開発拠点を持つ、人工知覚技術のパイオニア的企業になります。

また、人工知覚に関する研究開発などを行っていて、IPOとしては、非常に人気が出やすいテーマになると思います。

Kudanの上場スケジュールなど

主幹事  SMBC日興証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  情報・通信業
想定価格 3,260円
当選枚数 1,965枚
BB期間 12/4~12/10
当選発表 12/11
申込期間 12/12~12/17
上場日  12/19

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

Kudanの総評①

Kudanの業種については「情報・通信業」(人工知覚技術の研究開発など)になりますので、業種の人気としては「高い」と思います。

当選枚数は「1,965枚」と少ない「プラチナチケット」になりますので、その点での需要は良いと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場直後に行使できるOSがそこそこありますので、その点での需要は普通かと思います。

会社の売上や利益については、売上は年々伸びていますが、利益は上げ下げしていますので、業績に不安があると思います。

Kudanの総評②

Kudanについては、人工知覚技術の研究開発などになりますので、業態の人気としては「高い」と思います。

さらに、今流行りの人工知能に関連している、人工知覚に関する研究開発などになりますので、人気はさらに一段上がると思います。

それ以外では、当選枚数が少ない「プラチナチケット」で需要は良いですが、業績については不安があると思います。

総評としては、業態や需要を見ると良いと思いますので、高い初値が期待できると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!