IPO初値予想「コーユーレンティア」今年初の上場案件! | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

IPO初値予想「コーユーレンティア」今年初の上場案件!

スポンサーリンク

IPO初値予想「コーユーレンティア」

上場日:2020/2/7

市場:JQS

業種:サービス業

公開株数:1,150,000株

公開価格:1,890円

主幹事:いちよし証券

事業内容:家具、什器・備品(FF&E)、OA機器のレンタルおよび付帯するサービスなど

コーユーレンティアの考察①

業種は「サービス業」(OA機器のレンタルおよび付帯するサービスなど)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「1,150,000株」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOはないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は延び傾向にありますので、業績の不安は少ないと思います。

コーユーレンティアの考察②

業態は、OA機器のレンタルおよび付帯するサービスなどですので、業態の人気は「低い」と思います。

業態的には、OA機器のレンタルなどは、新規性が薄く同業他社も多いことから、人気は一段落ちると思います。

また、吸収金額はどちらかといえば多いので、需要も良いとはいえず、業績については、良いとはいえませんが、悪くはないと思います。

考察としては、コレといったメリットがない代わりに、大きなデメリットもないIPOになると思います。

ただし、今年初のIPOですのでご祝儀があり、地合いも悪くないと思います。

そこで、初値は公開価格の「1.5倍以上」は固いと予想しています。

初値予想

評価:B(6)
初値予想:3,200円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました