株式投資で人気の高配当株に潜むリスクなどについて | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

株式投資で人気の高配当株に潜むリスクなどについて

スポンサーリンク

高配当株について

株式投資で人気の一つに「高配当株」に投資するというのがあると思います。

そして、実際に高配当株に投資して、多くの配当を得ている人もいると思います。

しかし、高配当株にはリスクがあり、メリットだけではありません。

その理由は、高い配当を出すということは、それなりの理由があるからです。

そして、その理由がリスクになるということで、その例を以下に軽く説明したいと思います。

JT(日本たばこ産業)について

例えば、高配当株で人気の「JT」(日本たばこ産業)ですが、ここ2週間ぐらいで、大きく値を下げています。

その理由は、たばこ自体が斜陽産業で、今後の売上が期待できないからです。

また、現状ではたばこからの収益に依存していますので、たばこが売れないとなれば、大きく収益が下がります。

収益の90%はたばこ関連

ちなみに、JTの収益の「約90%」は、たばこ関連からなります。

ということは、たばこからの収益依存を脱却できなければ、業績は尻つぼみになります。

そこで、他の業態である「医薬品」や「加工食品」などに力を入れています。

また、大株主は「財務省」で安心感があり、配当を大きく減らすことはないと思います。

とはいえ、減らさないという保証はなく、仮に配当を減らし減配することになれば…

株価は大きく下がることになると思います。

多くのリスクがある

また、たばこという特性から健康被害などで訴えられる、裁判のリスクもあります。

さらに、ここのところ積極的に海外企業を買収していますが、多額の「のれん」を払うリスクもあります。

のれんとは、企業を買収した際に、買収額が資産額を上回った額のことで、それが負担になることもあります。

そういったリスクがありますので…

高配当株だからと買ってはみたものの、株価が下がり痛い目に合う。なんてこともあります。

配当以上に損をする可能性

それでも、たばこが斜陽産業であるとはいえ、安定した収入が見込めます。

また、たばこ以外の「医薬品」や「加工食品」などで、売上が延びれば、株価に反映されると思います。

そのことで増配となれば、さらに株価が上がることになると思います。

ちなみに、私も高配当株ということで、つい最近JTを買ったのですが、少ないですが痛い目に合っています。

とにかく、高配当株にもリスクがあり、そのリスクのため配当以上に、損をする可能性があると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました