IPO新規承認「香陵住販」最近IPOで多い不動産業の上場!

スポンサーリンク

IPO新規承認「香陵住販」

このほど「香陵住販」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「不動産の売買、賃貸、仲介、管理等」となっています。

香陵住販の事業内容を見ると「一般的な不動産業」といった感じのIPOになると思います。

また、ここ最近のIPOを見ると、不動産系のIPOが多く上場されていますので、荷もたれ感が強いIPOになると思います。

香陵住販の上場スケジュールなど

主幹事  みずほ証券
上場予定 JQS
業 種  不動産業
想定価格 1,700円
当選枚数 4,243枚
BB期間 8/28~9/3
当選発表 9/4
申込期間 9/5~9/10
上場日  9/13

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

香陵住販の総評①

香陵住販の業種については「不動産業」(不動産の売買や仲介など)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

当選枚数は「4,243枚」と、JQSとしては普通程度だと思いますので、その点での需要も普通かと思います。

また、主要大株主には「90日or1.5倍」のロックアップ、上場直後に行使できるVC及びSOはありませんので、その点での需要は良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益は上げ下げ、もしくは横ばいといった感じですので、業績について頭打ち感があると思います。

香陵住販の総評②

香陵住販の業態は、一般的な不動産業になると思いますので、業態の人気は低いと思います。

また、吸収金額的に需要は普通で、業績は横ばい程度になっていますので・・・

総評としては、特にコレといったものがなく、公募割れはないと思いますが、上値は限定されるのかなと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!