IPO新規承認「コーア商事ホールディングス」微妙な案件ですね!

スポンサーリンク

IPO新規承認「コーア商事ホールディングス」

このほど「コーア商事ホールディングス」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「ジェネリック医薬品原薬の仕入販売、製剤(医療用医薬品・一般用医薬品)の製造販売及び仕入販売、製剤に係る製造受託」となっています。

ジェネリック医薬品とは、ご存知の方も多いと思いますが・・・

新薬(先発医薬品)の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安い薬のことで、後発薬やGE薬といった略称で呼ばれることもあります。

コーア商事ホールディングスの上場スケジュールなど

主幹事  三菱UFJ証券
上場予定 東証二部
想定価格 2,590円
当選枚数 4,250枚
BB期間 6/5~6/11
当選発表 6/12
申込期間 6/13~6/18
上場日  6/21

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

コーア商事ホールディングスの総評①

コーア商事ホールディングスの業種については「卸売業」になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

当選枚数(吸収金額)は「4,250枚」と、東証二部上場にしては少ないと思いますので、その点での需要面は良いと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOなしになりますので、その点での需要面も良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益共に横ばいか下げていますので、業績に頭打ち感が見られます。

コーア商事ホールディングスの総評②

コーア商事ホールディングスについては「医薬系」ということで、業態の人気としては普通かと思います。

ただし、ジェネリック医薬品については、大手も参入していて同業他社が多く伸びしろは薄く、業態として目新しさもありません。

また、業績は頭打ちで、医薬品を扱っていますので、大きく業績が下がるということはないと思いますが、現状では大きく上がることもないと思います。

総評としては、IPOでは人気薄の東証二部上場で、業績も頭打ちになっていますので、IPOの魅力としては薄いと思います。

ただし、吸収金額などを見ると需要的に良いと思いますので、その需要でどこまで買いが集まるかが、初値系形成のカギになると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!